Web制作・ホームページ制作会社 東京|株式会社トリニティワークス

Web制作・ホームページ制作会社 東京|株式会社トリニティワークス

ご相談はこちらから

Design心粋を伝えるデザイン

訪れる人の心に深い感動と共感を与える美しいWebデザイン。訪問者の視点に立ったデザインをご提供いたします。

本当に必要なものだけが創り出す構成美 引き算のデザインという発想

フランスの作家 サン=テグジュペリはこう言っています。

加えるものが何もなく
取り除くものもこれ以上何もない時
完璧は達成される

まさに今、ホームページはそのような「完璧」を求められています。

従来、Webデザインはお客様の好みやデザイナーの感性から決まっていくものでした。しかし、いつでも片手で簡単にネット上の情報を調べることができるようになった今、利用者はホームページに「今知りたいことを即座にしかも分かりやすく確認できるツール」であることを強く求めています。そしてその変化は、Webデザインにも発想・手法の劇的なパラダイムシフトを求めています。

今Webデザインに求められている最も大切なこと、それは ー

  • 分かりやすく閲覧しやすいサイト構成
  • 訴求ポイントが明瞭簡潔にまとめられた読みやすい掲載内容
  • 直感的な操作でストレス無く読み進んでいける閲覧のしやすさ

この理念を実現するための手法として注目されているのが「ミニマルデザイン」 ー それは、無駄な要素を一切排除したシンプルで洗練されたデザインです。本当に必要な要素だけを最適なバランスで配置することで生み出される構成美・・・
それは「引き算のデザイン」という表現できるかもしれません。

「ミニマル」は物質的な量の少なさだけでなく、精神的な簡素さ・単純性にまで踏み込んだデザイン概念です。物質的な豊かさよりも、精神的な豊かさを重視するようになってきている現代のライフスタイルにおいて、ミニマルデザインの持つ美しさはまさに「時代が求めるデザイン」といえるでしょう。

ミニマルデザインの特長と戦略

ミニマルデザインは単なる「白背景のシンプルなデザイン」ではありません。WEBデザインにミニマリズムを取り入れるためには、そのサイトが「誰に何をどうやって伝えるのか」というサイト方針をしっかりと確立し、それに基づく綿密な検討と精査、そして計算が必要です。まさに「内容で勝負する」というWEBサイト本来の機能の追求が求められるわけです。
これらデザインの前提となる方針が立案できたら、どのような情報がデザインの構成要素にとって重要であるかを考え、その重要度の順にページ構成を組み立てていきます。
「明確な方針とそれを最大限に印象深くアピールするための構成の追求」こそがミニマルWEBデザインにとって最も重要かつ難しい作業なのです。そして恐らく、殆どの方はそのような検討の結果を経て厳選された「訪問者に感動を与えるために必要な情報」が当初の予想よりもはるかに少なかったことに驚くはずです。

そのようにして生み出されたミニマルなWebデザインには次のようなメリットをもたらします。

  • 本当に有益な情報だけを、綿密な計算と高いデザイン性に基づいて見やすくしかも美しく表現できます。
  • 不要な要素を可能な限り削り落とすことによってデザインの普遍性が高まり、めまぐるしく変化するデザイントレンドにも左右されない常に「美しい」と感じられる。つまり、デザインの新鮮さが長く保たれるため、サイトリニューアルの頻度を大きく下げることができます。
  • 過剰な多色化や不要なイラスト素材による装飾を極限まで抑制することによって、デザイン制作時に必要となるイラスト素材や装飾用画像素材などの制作/購入を最小化でき、制作コストの削減が期待できます。
  • 画面上の表示要素を最小化することによって、小さなディスプレイでの視認性が飛躍的に高まり、スマートフォンやタブレット端末でも情報をしっかりとアピールすることができます。

ミニマルデザインならトリニティワークス

トリニティワークスは創業当時からミニマルデザインをデザイン理念として掲げ、15年以上に渡る経験と実績をもっております。

弊社では、訪問者視点に立った真のミニマルデザインを実現するため、想定される訪問者が何を期待し求めているかを徹底的に検討した結果に基づいて、ホームページのレイアウト・デザイン要件を定義します。そして、経験豊かなデザイナーが美しく操作性と可読性に優れ、検索エンジン対策にも配慮したミニマルデザインのメソッドに基づく「人にも検索エンジンにも優しい、情報伝達媒体として相応しいWebデザイン」を制作いたします。デザイナーの感性のみに頼ったこれまでのWebデザイン制作とは一線を画した「真に訪問者の予想・期待・ニーズに共鳴するWebデザイン」に是非ご期待ください!