Web制作・ホームページ制作会社 東京|株式会社トリニティワークス

Web制作・ホームページ制作会社 東京|株式会社トリニティワークス

Direction

期待に応える構成と設計

誰に何をどう伝えるか? 最適な構成と内容はどのようにあるべきか...共感を生み出す美しいホームページ制作に欠かせないのは、精緻な洞察力と企画力・構成力。
トリニティワークスでは、経験豊富なディレクターがお客様の構想や掲載原稿を検討し、親身になって最適な問題解決をご提案。経験に裏打ちされた的確なアドバイスと支援により無駄がなく構造的に最適化されたサイト構成・仕様を起案・設計いたします。

訪れる方の予想と期待を裏切らない「ストーリーのあるサイト構成」を目指して

ただ漫然と製品・サービス名と価格・仕様を並べただけ(=情報の羅列)では、読み手に感動や共感を与えることはできません。情報を再構成してストーリーを生み出すことで、初めて読み手の共感や感動を喚起することができます。様々な情報をテーマと意図に沿ってまとめ、ストーリーを生み出す作業 ー それがトリニティワークスの構成立案・サイト設計です。その第一歩は、読み手の立場に立って「情報提供のシナリオ」を創ることです。その作業は次のような流れで進行いたします。

  • 貴社ビジネス戦略におけるホームページの位置付けと役割を戦略的に検討・定義する
  • 定義に基づいて期待されるサイト訪問者がどんな動機で貴社ホーページを訪れるのかを想定する
  • 想定した動機から読み手が期待するテーマを見出し、そのテーマを引き立たせるためにはどの情報をどんな順番で提供していくべきかを考える(読み手が予想している流れを想像し、その流れを踏まえたシナリオを考える)
  • シナリオ上の各シーンの構成と内容を考える

ドラマの脚本家/演出家の創作作業にも似たこれらの作業を、経験豊富なディレクターが、お客様から寄せられた構想やアイディア、掲載原稿の草稿を精査・検討し、WEBというメディアの特性や技術要素を踏まえながらビジネス戦略視点にたって精緻に設計。ディレクションによってしっかりと策定した設計に基づいてライティングおよびデザイン制作を進めて参りますので、初めてでも安心して高品質かつ効果的なホームページを構築できます。

経験豊富な専任ディレクターが担当。分かりやすいワークショップを経て精緻な設計を実現します!
ディレクターはいずれも長年ネットビジネスの企画や大手企業のWEBシステム構築に携わり実績を挙げてきた強者揃い。ホームページの操作性・閲覧性向上のポイントを的確にコンサルティングさせていただきます。また、ご予算枠などもしっかりと踏まえた上で必要なシステム機能についてのご提案も行わせていただきます。
万全のプロジェクト管理
担当ディレクターがプロジェクト全体をしっかりと管理。作業進捗管理や各種追加要求への対応なども安心してご相談いただけます。50ページを超える中規模以上のサイト制作や、各種システム連携を要する大規模サイト構築なども安心してお任せいただくことができます。
Googleの新しいサイト評価ポリシーに合致する「良質なコンテンツ」を目指すコンテンツ設計
Goolgeの新たなサイト評価基準である「深い考察と検討の末に生み出された読み手に感動と共感を与えることができるコンテンツ」を目指すコンテンツ設計の最適化を実現。閲覧者の訪問動機仮説から読み手が期待するテーマを見出し、読み手が期待するコンテンツの流れにマッチする最適なシナリオを創造。ディレクションによってサイト全体の戦略的かつ最適なシナリオを構成し、その上でページに掲載する文章をしっかりとライティングすることにより、「depthful Content = 奥の深いコンテンツ」の実現を目指します。

WORKS

ストーリー性のあるサイト構成

予想と期待を裏切らないコンテンツ設計
ただ漫然と一方的に自社の特徴やサービスを並べただけ(=情報の羅列)では、訪問者に感動や共感を与えることはできません。予想や期待を裏切らない流れを直観的に把握できる「ストーリー性」のある構成があってこそ、人を快適にする最適な構成とデザイン(UXデザイン:User experience Design)は実現されます。
トリニティワークスは、豊富な現場経験に裏打ちされた的確なディレクションによって、無駄がなく構造的にも最適化されたサイト構成とコンテンツ仕様を策定いたします。

E会計事務所

「米国の会計事務所であることの敷居を下げ、日本のお客様の信頼を得るにはどうしたらよいのか?」がお客様の最も大きな課題でした。そこで私たちは「日本企業の担当者が米国事務所と知って不安になることはなんだろうか?」から検討を始めました。
そしてお客様には「日本のお客様でも心配ないことが直観的に感じ取れるサイト構成と内容の設計」をご提案したのです。

お客様が訪問者に伝えたいと考える情報要素と日本企業の担当者が米国事務所に抱く期待と懸念点を照らし合わせながら、訪問者が「こういう情報がここにあるはずだ」と直観的に把握できるサイト構成を設計。更に各ページの構成要素や内容についても日本のお客様視点に立った起稿支援やリライティングを行うことで、日本企業担当者にとって違和感がなく直観的に情報にたどり着けるサイト構成を実現しました。

想定した訪問動機から読み手が期待するテーマやキーワードを見出しそれを引き立たせるために最適な情報の流れ(サイトフロー)を、経験豊富なディレクターによる徹底したディレクションによって生み出してまいります。

ディレクションの流れ

1ご相談
ディレクションのご依頼・ご相談は、お見積りページのフォームよりお申込み下さい。
必要事項をご記入いただきますと弊社サーバーより自動メールが送信されます。当メールには、お見積りご提出の方法やその後の制作開始までの流れが記載されておりますので、内容をご確認いただけますようお願い申し上げます。
お電話でのご相談も受け付けております。お電話の場合は 03-6873-6854(受付時間:平日 10:00〜18:00)までご連絡下さい。
2お見積り
お申込みフォームにご記入いただきました内容に基づいて概算お見積資料とコンサルティング実施計画書を作成しご提出させていただきます。
フォームにてお寄せいただきました内容によっては、お見積り作成のための事前ヒアリングが必要な場合もございます。その場合にはその旨を弊社よりご連絡させていただききます。
3ご発注・ご請求
検討の結果ディレクションの実施をご判断いただきました場合には、弊社担当宛にご発注意志を示すメールをご送付下さい。ご発注のご連絡をいただき次第ディレクション費用ご請求書を発行・ご送付させていただきますので、指定口座までお振込み・ご入金をお願いいたします。
  • ※ ディレクションはコンサルティングサービスのため着手時前金制となっております。予めご了承ください。尚、ご請求書発行日から5日以内でのご入金をお願いしております。ご入金が何らかのご事情によりそれ以降となります場合につきましては別途ご相談いただけますようお願いいたします。
4ディレクション
経験豊富なWEBディレクター&デザイナーが、お客様のご要望・ご希望をうかがいながら企画・構成を立案し、最適な構造・仕様を設計いたします。
ディレクションは複数回のワークショップ(お客様とのミーティングや課題シート作成など)を経ながらステップバイステップで実施させていただきますので初めての方でも安心です。
5ご納品
ディレクション全工程の完了時にディレクション計画書にてご提示させていただきました納品資料一式をデータにてご納品させていただきます。
勿論、ディレクションの結果に基づいて引き続きデザイン制作やホームページ制作をそのまま当社にてお引き受けさせていただくことも承っております。その場合の制作作業の流れにつきましては下記にてご確認ください。